してみたブログ

してみたブログ

【毎日更新】人生2回目の就職活動を謳歌している私が「してみたこと」「感じた事」「伝えたい事」を独自の視点で、勝手に、わがままに語っていきます。

環境のお話。~自分の思考が広瀬すずに似ていた件~

先日の記事に載せさせていただいた通り、自分の特性について気づきを得ることができました。

(先日の記事)

 

secondgrade.hatenablog.com

 

 

その中の一つに、「自分が頼られる環境で活躍する。」というのがありました。

自分がいる価値を感じる仕事が向いているという事です。

 

「相手が何かに困り、助けを求めている状況で、最適のモノを提供する。」

これが僕に向いている職業です。

 

逆に、商社マンや車のセールスマンのようにバリバリ相手を説得して売っていくのは苦手です。これは自覚していました。押しが弱いですから。

もしかしたら、誰でも変わりがいるような人数の多い会社もあまり向いていないのかもしれません。

 

また、過去を振り返ってみると小学生から今まで、頼られる環境を選んだりしていました。

そこにストレスはなく、気持ちよくやっていました。

逆に言い換えると、「自分じゃなくてもいいことは、やりたがらない」性格という事です。

めんどくさい奴ですね。プライドの高さや、めんどくさがりな性格も影響していると思います。

 

www.oricon.co.jp

少し前ですが、広瀬すずさんが「この人は、なんで照明の仕事をしているんだろう」の発言で少し炎上したことがありました。

世間的には批判されていましたが、僕自身は共感をする点が多くありました。(←何様だ!)

決して見下しているわけではなく、純粋に人のバックストーリーに興味があるのです。

その職業を選んだ理由であったり、その決断をするに至った背景が知りたいのです。

 

しかしながら、

「論理的な理由なんてない。生活するため、なんとなくだ。」

これが世の中の本音であったりもするので、難しいですね。

 

今回は僕の活きる環境についてお話しました。

皆さんも、自分が活きている環境を探してみるのも、就職活動の助けになるかもしれません。

それでは。

 

 

(このような考え方に至るまでに以下の本を読みました。参考までに。)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

 

 

広告を非表示にする