してみたブログ

してみたブログ

【毎日更新】人生2回目の就職活動を謳歌している私が「してみたこと」「感じた事」「伝えたい事」を独自の視点で、勝手に、わがままに語っていきます。

最終面接って何すればいいの?不安なので、調べてみた。

最終面接どうしよう????(´・ω・`)

f:id:reblog2:20170528221309j:plain

やっと辿りいた最終面接。
何としても内定をもらいたい。

企業研究もしてきた。
自己分析もしてきた。
それを伝える練習もしてきた。
1次面接や2次面接でも、上手くいった。

じゃあ、あと何すればいいの?


わからない。(´・ω・`)


いや、何かしなければいけないのは分かる。
2次面接や3次面接とは、全く違う面接だ。

そこで、まずは個人的な考えを表現してみたいと思います。

〈僕のイメージ〉

 ======

エントリー

これまでの面接の合格=「上司に合わせても大丈夫」

一緒に過ごしてもストレスを感じない人間性はある。

コミュ力はありそう。論理的にも話せるな。

ウチの会社の雰囲気に合っていない人ではないな。

合わせても、怒られることはないレベル。

 ==越えれれない壁==

最終面接の合格=「採用」

これから何年間も一緒に仕事をする。

お金も発生する。

辛くてもやめないで、立ち向かえそう。

会社の成長に役立ちそう。将来のビジョンもしっかり持っている。

一緒に働いて、育てたい。

内定へ

=======


面接後に出す結果が全く違うので、見ているポイントも変わってくると僕は考えています。

しかし、まだまだ明確な答えはありません。
ですので、世界一物知りな先生に尋ねてみました。

ぐぐってみた

沢山の記事が見つかりました。

そのなかでも個人的に好きな記事を紹介します。

【最終面接の違いって何?なんで落とされる?】

paiza.hatenablog.com

 1次2次面接と、最終面接の見られている違いについて解説されています。

大変参考になりました。やはり、最終面接でも落とされる確率は高そう(´;ω;`)    社会って甘くないですね。最終まで呼ばれたら、学生は調子乗りますよ・・・

僕が考えていた事と重なっている部分もあり、少し自信がつきました(笑)

 

【具体的な対策は?】

careerpark.jp

こちらには具体的な対策方法が色々載っていました。

どれも効果はありそうです。よく聞かれる質問には、自信をもって答えられる状態にしておくのは大事ですよね。
個人的には、社長のインタビュー記事を見るのもオススメです。          学生時代や苦労した時の話などが載っていて面白いですし、人間性を知る事で志望度も上がったりします。

 

【社長は何を見ているのか。】

allabout.co.jp

色々さがしている過程で、おもしろい記事を見つけた。

採用側である企業の目線で、最終面接の意味を定義している。

これまでの選考で力がある事は証明されているので、「フィーリング」を大事にしている企業も多いのかもしれない。

社長の立場からすれば、自分で立ち上げ苦しんで成長させてきた会社に新しい人を入れるのだ。感覚的には娘を嫁に出す感覚に近いのかもしれない。

そう考えると、結婚を申し出に行く気概で臨まなければ失礼であると思えてくる。

 

まとめ

これ以外にもたくさんの記事を見つけました。

助かるなと思う反面、「悩む人が多いからだよな( ^ω^)・・・」と思い、最終面接の難しさを改めて実感しました。

いろんな記事を読む中で、「社長にとって会社って何なのか」「どういう思いで経営しているのか。」など、いろんな考えが生まれました。

自分が会社を設立した立場になって考えてみると、視点が広がる感覚がありました。「そもそも、なぜ人を雇うのか」「新卒採用ってコスト悪くない?リスク多いな?」

それに「自分が社長だったら、こんな人欲しいな」とか考えるの楽しかったです。良かったら、想像してみてください。

 

スキルも必要ですが、一番は心だと思います。                  社長の採用への本気度を超える、本気で働きたい気持ちをぶつけたいと思います。

 

大事な会社の最終面接が近い人もたくさんいると思いますが、せっかく掴んだチャンス全力で一緒に頑張りましょう!!

他に心がけている方法や、コレはオススメなんてのがあったら教えてください!

 

それでは。

 

広告を非表示にする